不都合な真実(書籍/雑誌)日記系.jpからAmazonの
「不都合な真実」
商品紹介ページへジャンプしています

リンク先は、日記系.jpとは独立した規約、個々のプライバシー規定やデータ収集規定を持っています。
弊社はこれらの独立した規定や活動に対していかなる義務や責任も負いかねます。
ユーザーのパスワードや登録情報の保持は、ユーザー各自の責任で行ってください。
またオンライン接続しているときには、情報の取り扱いに十分にご注意ください。


つながり日記
『貝』を、喰う・・・・?
寒くなってくると『貝』が・美味い。 帆立貝や・赤貝や・アワビや、『貝』は・暑い時期は、不味い。 不味いと、いうより・「あたる」のだ。『貝』には、【毒】が・ある、のだから。 「谷町」(業界用語で【おごってくれる】クライアンアト)のヒトと寿司屋に行って、【貝】の刺身ばかり「喰って」嫌われたことがある。 寿司屋で【にぎり】を全然・食べない・のは、「失礼」だ。 寿司屋では、酢飯のことを【舎利】と呼ぶが、「舎利」とは仏舎利の意で、お釈迦様の「遺骨」のことだ。 手に入らない貴重なモノとして、(逆に言えば「大事にしなくて」ならないモノとして)、そう・呼ぶ。その寿司屋で酢飯でネタを引き立たせる【にぎり】を一切頼まないのは、 寿司屋にとっては「屈辱」なのだ。【刺身】を喰いたいなら、『魚屋』で喰えばいい・のだ。 ((蛇足ながら、寿司屋で「お薦め」を訊く・のは【愚】である。「お薦め」は?・・・と訊いたら、「すすめられえーモンは置いてネーよ!」とオヤジに怒られたコトが・ある。【旬】と【お薦め】とは、違う・のだ。同じように「お茶」のコトを【上がり】というのはイヤミである。【上がり】というのは「お客さんの勘定は、これで上がる(最後)」という【隠語】で、店の板前ならいざ知らず「客」自身が使うコトバでは、ない。)) 「話」が・それた。 『寒くなると貝が美味い』というのは、【寿司ネタ】では、ない・のだ。 「貝」は美味いが、【堅い】殻に・守られて・いる。 【自尊心】という・殻・だ。「寒く」なるとき、とはコトバのまま・だ。 「暑い」(または「熱い」)時には、【毒】がある。【毒】は・熱い・時に、自らを「守る」ために・・・・・ある。 「傷つくこと」は、【こわい】のだ。、、、、、、貝にとっても・女性にとっても。 もし、【貝】を「食べたい」なら、、、徹底的に「安心させる」こと。どんな時でも、「相手」を『求め』続けるコト。 「熱い」時でなく、じっと我慢して「寒い」時でさえ・【求める】のだ。 貝の「一年」が、女性の「一生」なら、【熱い】時は「いつ」で【寒い】時は「いつ」になる・のだろう、、、、、。 女性に「お薦め」の時は、ない。 「旬」の時も・無い。 「あがり」の時も・・・・ない。 あるのは、・・・・・・「舎利」を必要としない【刺身】の(生のままの)あるがままの【彼女】だけ、、、、なのだ。 寿司屋で、『貝』の【刺身】を【喰う】のは、命がけ・なのだ。 何故ってそれには、【孟毒】が、ある・・・・のだから、、、、、、。 ■□■
Generated by 日記系.jp with Cyberz Inc.
CCPERIKOVCastEngineCONOE.netであい.COM日記系.jpHITCHART.COMケタケタ