不都合な真実(書籍/雑誌)日記系.jpからAmazonの
「不都合な真実」
商品紹介ページへジャンプしています

リンク先は、日記系.jpとは独立した規約、個々のプライバシー規定やデータ収集規定を持っています。
弊社はこれらの独立した規定や活動に対していかなる義務や責任も負いかねます。
ユーザーのパスワードや登録情報の保持は、ユーザー各自の責任で行ってください。
またオンライン接続しているときには、情報の取り扱いに十分にご注意ください。


つながり日記
32億年前、地球に落ちて来た超巨大隕石がやったこと
32億6,000万年前に地球に衝突した超巨大隕石の影響が分析された。海は沸騰し、高さ数千メートルの津波が海洋全体に広がり、30分にわたって地球全体が揺れたという。 (画像左から)チクシュルーブ・クレーターを生成した隕石(6,500万年前、直径10km、出典:USGS)、32億6,000万年前の隕石(直径37km以上)、エヴェレスト山(標高8.9km)、(下段左から)チクシュルーブ・クレーター(6,500万年前、直径150km以上、出典:USGS)、32億6,000万年前の隕石によって生成されたクレーター(直径約478km)、ハワイ島(幅122km、出典:Hawaii economic data book) スタンフォード大学の研究チームが、32億6,000万年前に地球に衝突した巨大な隕石の影響を再構築。この衝突は、海を沸騰させ、空を赤く焦がし、30分にわたって地球全体に地震を起こしたと云われます。 6,500万年前に地球に衝突し、恐竜を絶滅させたと見られる隕石など、太古の隕石衝突は知識としては知られているが、上に示した図は、それらがどれほどの出来事だったのか、客観的に把握するのに役立つ。ふと空を見上げると、エヴェレスト山が小さく思えるほどの巨大隕石が迫っていた、というのは、想像するだに恐ろしい光景ではないでしょうか。 いまから32億6,000万年前に衝突した巨大隕石は、直径50km前後(37km以上)と、現在のロードアイランド州と同じくらいの幅があったらしい。 研究チームは分析の結果、巨大隕石は、南アフリカのバーバートン・グリーンストーンベルト(緑色岩帯)から何千kmほど離れた海盆(海底にある円形の盆地)に衝突し、海底を変形させ、地震波と津波を発生させ、膨大な量のエネルギーを放出したと結論づけたとか。 衝突のエネルギーで、海洋の表面は沸騰し、高さ数千メートルの津波が海洋全体に広がったと見られる。さらに、この隕石衝突は、初期地球の構造プレートを恒久的に変化させ、その結果私たちが知る現在のプレートになった可能性もあるそうな。
Generated by 日記系.jp with Cyberz Inc.
CCPERIKOVCastEngineCONOE.netであい.COM日記系.jpHITCHART.COMケタケタ