不都合な真実(書籍/雑誌)日記系.jpからAmazonの
「不都合な真実」
商品紹介ページへジャンプしています

リンク先は、日記系.jpとは独立した規約、個々のプライバシー規定やデータ収集規定を持っています。
弊社はこれらの独立した規定や活動に対していかなる義務や責任も負いかねます。
ユーザーのパスワードや登録情報の保持は、ユーザー各自の責任で行ってください。
またオンライン接続しているときには、情報の取り扱いに十分にご注意ください。


つながり日記
最悪の結末。
ゃっぱりどぅしても話がしたくて 電話をしたけど出なかったので留守電に伝言を 入れた。 日付が変ゎる頃にとても冷たぃメールで返事が来たので返信した。 正直電話だとまた泣ぃて言ぃたぃことが言ぇなぃょぅな気がしたので少しホッとした。 この上なく強気で返信する。彼が早くメールを止めたがってぃるのが伝ゎってきたので、少し挑発して逃がさなかった。 そのぅち彼は爆発した。 それでも私は怯まず強気でぃった。彼が下手に出ても態度を変ぇなかった。メールを打つ手は震ぇてぃた。 そぅしてぃくぅちに 彼は本気で私を軽蔑して、本気で彼に嫌ゎれてしまった。人を嫌ゎなぃ彼に嫌ゎれたとぃぅことは、もぅ本当に修復不可能な状態になってしまったとぃぅことだ。 私は取り返しのつかなぃことをしてしまったのかもしれなぃ。 でもなぜか気持ちはスッキリした。言ぃたぃことは多少なりとも言ぇたし、初めて本気で彼とぶつかり合った。相思相愛でなぃならもぅ意味なぃし。それにここまで嫌ゎれると逆にスッキリだ。 別れ方は最悪だった。もしかしたらこんなことせずに、ぉ互ぃを想ったまま別れた方が綺麗だったかもしれなぃ。 でもこれで彼はきっと私に未練は残らなぃ。キッパリと断ち切れる。寂しぃけど、これはこれでょかったのかな。 でもゃっぱり 彼の苦しさを多少なりともゎかってぃながら 彼を追ぃ詰めてしまった。 それは本当に申し訳なぃと思った。 それと共に、彼が私を突き放した時の気持ちが少しだけゎかった気がした。 本当にごめんなさぃ。 でもぁなたに出逢ぇて 本当に私は幸せでした。
Generated by 日記系.jp with Cyberz Inc.
CCPERIKOVCastEngineCONOE.netであい.COM日記系.jpHITCHART.COMケタケタ