不都合な真実(書籍/雑誌)日記系.jpからAmazonの
「不都合な真実」
商品紹介ページへジャンプしています

リンク先は、日記系.jpとは独立した規約、個々のプライバシー規定やデータ収集規定を持っています。
弊社はこれらの独立した規定や活動に対していかなる義務や責任も負いかねます。
ユーザーのパスワードや登録情報の保持は、ユーザー各自の責任で行ってください。
またオンライン接続しているときには、情報の取り扱いに十分にご注意ください。


つながり日記
『初めてのナンパ』
エロだけど意外と小心者な僕はナンパって した事が無く、見知らぬ女性に声を掛けるなんて思いも寄らない事だったんですが、大学のクラスの友達と、何となく話がまとまって、 学校の帰りにナンパしに行く事になりました。 彼も僕と同じ関西出身で、二人してどんな風に声掛けたらええんかなって感じで、渋谷まで出たわけです。僕自身は、下心は特に無かったと言うか、何も考えてなかったんですね。(笑) ただ、ナンパするって行為をしたかったから..一度やってみようかな、みたいな。こっちは二人だったので二人連れの女性に声を掛けようってことで、パルコの 前当たりで行動に出たんですが、やってみてめっちゃ難しいって事に、初めて気が付きました。 まず、声を掛けようににも声が出ない。近づいて声を掛けようとする前に、大半はそのまま過ぎ去ってしまいました。次に「あの~」って言ってる 間に無視して行ってしまうか、うざいなとか、馬鹿じゃないのって顔して立ち去るってパターン。まともに話し掛けることなんて、全く出来ず、 友人と、こりゃ、あかんで、ナンパって難しいやんって、そんな会話をして諦めモードでもう帰ろうかって時に、たまたま偶然に同じサークルの、 同学年の女の子に合っちゃったんです。^^ 彼女は僕に「あっ!わたる君、こんな所で ナンパなんかしてるんだ」って笑いながら話掛けてきて、内心まずい場面見られたなって思いで、ちょっと焦りながら「いや..別にナンパって訳じゃなくて、誰か知ってる人でも来ないかなって..」と誤魔化そうと口ごもってたら、更に「いやらしいんだから、 ナンパなんかして、わたる君」とからかって来ます。それでも、まだ僕は何とか その場を乗り切ろうと「そんなことないって、もう帰ろうって話ししてたとこやし、これから帰るねん、なっ!」って急に大阪弁になり、一緒に居た友人に相槌を求め、 渋谷駅の方に歩き出し始めました。僕は東横線、友人はJR、はて?彼女はって尋ねると、 東横線だって言うので、友人とは別れ東横線の方に向かおうとすると、「これから、どこに行くの?」って聞いてくるんです。「ん?これから帰るんだけど、同じ東横線でしょ、どこの駅?」って聞くと、何と井の頭線なんだけどって笑いながら、答えるんですね。「だって、一緒に居た人と別れないと、遊びに行けないから」なんて、しら~っとした顔で言うから、びっくりしました。「ちゃんと奢ってくれないと、サークルのみんなに言っちゃうからね」って、またまたからかって来る始末。(涙) 別に家に帰っても予定がある訳でも無いし、よく考えてみたら、東京に出てきてから、女性と二人きりになる事も無かったので、表面上は仕方ないなあ~って顔をしながら、まあ、こういうのも良いかってそんな気持ちで、彼女と再び夜の渋谷の街中へと 戻っていったのでした。(笑) 夕食代とお茶代の出費は痛かったけど、久しぶりに 女性と色んな話が出来て楽しい時間が過ごせて満足だったかも。 でも、これってナンパって言いませんよね(爆)。そして、この後僕と彼女は結構仲良くなって、一緒に遊んだりするようになっていったので、どこにきっかけって転がっているか、 分からないもんだなって、ほんとそんな感じの一日だったかな。(笑)
Generated by 日記系.jp with Cyberz Inc.
CCPERIKOVCastEngineCONOE.netであい.COM日記系.jpHITCHART.COMケタケタ