不都合な真実(書籍/雑誌)日記系.jpからAmazonの
「不都合な真実」
商品紹介ページへジャンプしています

リンク先は、日記系.jpとは独立した規約、個々のプライバシー規定やデータ収集規定を持っています。
弊社はこれらの独立した規定や活動に対していかなる義務や責任も負いかねます。
ユーザーのパスワードや登録情報の保持は、ユーザー各自の責任で行ってください。
またオンライン接続しているときには、情報の取り扱いに十分にご注意ください。


つながり日記
my gloomy days
光一は帰ってくるなりあたしの顔をのぞきこむ。 「まだ 顔色悪いな…大丈夫?」 「うん…大丈夫」 食卓に並ぶ 食事をみただけで 気持ち悪い 「あれ?レイナは ご飯食べないのか?」 「うん 食欲ないからあたし 寝てる」 「うん」 光一を残して ベットに入った。 「レイナ…お前 妊娠したとか?」 (やっぱりバレた?) 「なんで?」 「いや…まさかなとか思ってさ…」 「そうだとしたら どうする?」 「どうするって いや嬉しいよ」 「それだけ?」 「まさかマジで!?」 あたしは バッグから赤ちゃんが写った写真を取り出した。 「11週 だって…産むかどうか 早く決断しなきゃいけない…」 「決断…簡単だよ」 あたしは 息をのんだ 「産むに決まってんだろ!婚約してるんだ 籍なんか 今 入れよう結婚しよう」 「光一…」 光一は 大喜びで すぐに 実家に 知らせを入れた。 家が近い為 光一の両親は すぐに家に来た 「レイナちゃん!妊娠したんですって 体調はいかが?」 「今 つわりが 少しずつ 出てきて…気持ち悪いです」 「大丈夫よ すぐにおさまるわ 二か月程の我慢よ」 「はい…」 (二か月程って…長いな ) 「レイナちゃん お式は あとでも いいわ赤ちゃんの為に 籍は先に入れたら? 母子手帳は もう 発行して いただけるはずだから籍…入れなさい」 「はい…あのっ ごめんなさい。順序が…」 「何を言ってるんだ!君は 光一の子供を産んでくれる 大事な娘だ。榊家の跡取りだ 順序なんか 関係ないじゃないか」 「お義父さん」 「そうですよ!あなたは もう 家族だったじゃない!こんな かわいらしい 娘さんから産まれる子供は きっと かわいい子ね」 あたしの心配を よそに 榊家の両親は 大喜びだ。 良かった。 「じゃあ 俺明日 婚姻届もらってくるな」 「うん」 「さあ レイナちゃん大事な体なんだから 横になりなさいな 私達は 今日は 失礼しますから」 あたしは ベットに戻って 眠りについた。
Generated by 日記系.jp with Cyberz Inc.
CCPERIKOVCastEngineCONOE.netであい.COM日記系.jpHITCHART.COMケタケタ